沖縄の離島、久米島でリフレッシュしませんか?!

久米島へは、航空機かフェリーで行けます!

久米島がどこにあるかご存知ですか?沖縄本島の西方約100kmの東シナ海に位置し、沖縄県で最も西に位置し、人口は1万人弱です。琉球王朝時代から、「球美の島」と呼ばれ、沖縄諸島の中でも最も美しい島の1つです。この島には、那覇空港から航空機で約30分、高速船なら約3時間、フェリーなら約3.5時間で行けます。乗り継ぎの時間に余裕をもってスケジュールをたててください。

「ハテの浜」で楽しもう!

久米島の東側にある奥武島・オーハ島の沖合にある、約7kmの3つの砂州を合わせて、「ハテの浜」と言います。真っ白な砂浜だけの無人島で、日本の渚百選にも選ばれた「イーフビーチ」から船で渡ることができ、海水浴やシュノーケリングを楽しむことができますよ。冬季にはグラスボートで行くツアーもあります。

「宇江城」城跡から島全体を眺めよう!

琉球王朝時代につくられた「宇江城(うえぐすく)」城跡は、標高が約310mありますので久米島全体が一望できます。久米島一番の絶景の見られる場所で、晴れていれば、近隣の島や沖縄本島まで見えることもあります。断崖絶壁の石垣は、立入禁止となっている場所もありますので注意してください。

「おばけ坂」に行ってみよう!

島の西部にある「おばけ坂」は、大人も本気で楽しめる不思議な場所です。一見するとただの上り坂に見えるのですが、ボールを転がしてみると坂を登っていきます。周囲の風景や木々の生え方で、下り坂を上り坂と錯覚する「縦断勾配錯視」という錯覚が引き起こす現象だそうです。あなたも試してみませんか。

久米島のツアーの参加方法は、旅行代理店のシステムによりますが、日数や目的地などを事前に確認することが大事です。