一度はこの目で見てみたい!与論島には魅力がいっぱい

与論島ってどこにあるの?

与論島は、沖縄本島から約23キロの距離に位置しています。一番近い沖縄最北端の辺戸岬からは、肉眼で与論島を確認することができます。沖縄県とはお隣さんほどの距離の与論島ですが、意外なことに「鹿児島県」に属しています。そのため、沖縄と鹿児島の文化が融合した独特の島民文化が生まれたといわれています。

亜熱帯に分類される与論島は、年間の平均気温が22度ほどと過ごしやすい気候が特徴。絶景ブームの昨今、観光地としての人気が急上昇している注目のエリアです。

離島ならではの魅力満載

与論島の魅力は何と言っても、透き通るような青い海。日本にこんな場所があるのかという感動を味わえます。

島の周囲には美しいビーチが点在しており、南国リゾートそのものの雰囲気を堪能できます。

シュノーケリングを楽しんだり、ビーチで星砂を採取したり、絶景を写したり、思い思いの時間を過ごすことができるのも与論島の人気の秘密。

観光客に対しても温かい島民が多く、心の触れあいに魅力を感じて与論島のとりこになってしまう人もいるほどです。

ツアーを利用するメリット

与論島へ行くためには、沖縄や鹿児島から飛行機を乗り継いで与論空港に到着する空からコースと、フェリーをつかって海からいくコースがあります。天候や乗継ぎなどのタイミングがあり、個人でチケットを手配するのは少し手間かもしれません。そんなときは各旅行会社が企画しているツアー利用がおすすめ。交通機関と宿泊用ホテルのセットのツアーは、お得な価格設定になっていることも多いので、与論島に行く際には要チェックです。

与論島の旅行は島の魅力をたっぷりと知ることができます。航空券とセットになったプランなどもあるので人気があります。