吹奏楽、オーケストラの花形楽器!サックスの特徴とは?

サックスの成り立ちとは?

サックスは1840年にベルギーで生まれた楽器です。考案したのはアドルフ・サックスさん。その名前を取ってサックスと名付けられた訳ですね。元々はバス・クラリネットの新しいシステムを開発していたのですが、その過程でサックスは生まれたとされています。サックスは見た目の通り、真鍮を主にした金属で作られていますが、構造的には木管楽器に分類されます。木管楽器と金管楽器の良いところ取りをしたような楽器で、音も出しやすいのが特徴です。

いろんな種類、いろんな音程

サックスは出せる音域でいくつかの種類に分けられています。よく使われているのはテナー、アルト、バリトン、ソプラノの四種類で、クラシックではアルト・サックスが、ジャズやポピュラー音楽ではアルトとテナーがよく使われています。一番ポピュラーなのは、アルト・サックスです。楽譜の一番多く、中でもサックスのための協奏曲はほとんどがこのアルト・サックスのために書かれています。大きさや必要な息の量など、扱いやすいことから初心者がまず手にするのにいいと言われています。

音の出しやすさ、演奏のしやすさが嬉しい楽器

トランペットやトロンボーンなどの金管楽器は、まず音を出すところから苦労します。しかしサックスは、見た目の複雑さとは違い、割と簡単に音が鳴るので初心者でも始めやすい楽器だと言われています。そもそもの誕生からして、簡単に音が鳴る楽器として発明されたのです。指の動きもリコーダーと似ているため、比較的スムーズに慣れることができます。音色も高音から低音まで揃っており、表現の幅も広いです。そして何より、演奏している姿がカッコいい。これが何よりの特徴かもしれません。

サックスとはサクソフォーンであり、木管楽器の一種です。特にジャズには欠かせない、おしゃれな音色で人気があります。