できるだけ車検にかかる費用を抑えたい場合はどうするか

車検費用の内訳について

車を手に入れた後は維持費がかかりますが、その中でも大きな出費となるのは車検にかかる費用です。では車検の費用の内訳はどのようになっているでしょうか。これを知ることで、車検の意味が少しわかってきます。まず車検の費用は大きく二つに分かれます。一つが法定費用です。法定費用は自賠責保険と重量税、印紙代の三つから成り立っています。この中で自賠責保険と印紙代は普通自動車であればほぼ一緒になりますが、自動車税だけは車の重さによって変動してきます。

車検費用の内訳について

車検の費用にかかるもう一つは車検費用になります。車検費用とは、24カ月の点検費用や業者による代行手数料です。これらは法定費用と異なり、どこで車検をするかによって金額が異なります。ちなみに法定費用は、決まったお金ですのでどこの車検場に行っても必ず同じ額はとられますね。そうだとすれば、車検をできるだけ安く済ませるためには車検費用が安いところを選ぶ必要があるでしょう。ではどこが安く車検を行ってくれるでしょうか。

ディーラーは高めに設定されている

新車で車を買った人はディーラーで車検をすることが多いですが、ディーラーはそれだけ信頼がある分車検費用も高くなっています。ディーラーの車検費用は4万円ぐらいになりますので、車検の合計金額は10万円から12万円ぐらいになるのが相場です。もちろん、パーツを取り換えればそれ以上になるでしょう。安いところで車検行いたい場合は、ガソリンスタンドやカー用品店で行った方がよいでしょう。ディーラーの半分の車検費用で済むからです。

車検の料金はやってくれるところによってバラバラなので、複数のところから見積もりを取ると良いでしょう。