車検の費用をできるだけ安くする方法はあるのか

車検の費用が高い理由とは?

自動車を所有している人は、必ず車検を受けなければなりません。車検を受ける時には意外と費用がかかります。車を所有すると維持費がかかるので大変だという人は多いですが、その維持費の中で一番負担が多いのが車検になります。車検費用が高い理由は、税金が高いからです。決して業者がボロもうけをしようと思っているわけではありません。車検の費用は、普通自動車の場合で10万円から12万円ぐらいかかると考えておけば間違いないです。では、これを安くすることはできるでしょうか。

安くできる部分は車検費用の部分のみ

車検にかかる費用は大きく分けて二つに分かれます。一つの法定費用です。法定費用の中身は、自賠責保険・重量税・印紙代の3つです。普通自動車であれば排気量などによっても変わりますが、これら3つでおおよそ6万円ぐらいです。法定費用は安くすることができません。どの業者でも決まった金額になります。もう一つの費用は、車検費用です。この車検費用は業者の取り分になります。つまり車検費用の部分は業者によって安くできる可能性があるというわけです。

どのような業者が安いか

車検をできるだけ安く済ましたいのならば、業者選びが大事ということがわかったと思います。ではどのような業者が安いでしょうか。安い業者の代表的なところは、ガソリンスタンドやカー用品店です。ディーラーと比較すると1万円から2万円ぐらいが安くなるでしょう。さらに安くする場合は、ユーザー車検といって、自分で書類をそろえて車検場まで自分で自動車を持っていくことです。この場合、業者に払う費用が0円ですので、普通に車検を受けるよりも2万円から4万円ぐらいは安くなります。

車検を軽自動車を専門として扱っている店で受けると、軽自動車のことをよく知っているので、安心して任せることができます。車検を受ける際には自分が納得して愛車をお願いできるところをみつけることが重要です。